『小さな巨人SS』になれるプログラム

 今日の数字に追われるだけで1ヶ月が過ぎていくexclamation

 数字を追いかけてもいつまでたっても目標に届かないexclamation

 色んな研修に所長をだしているが成果に現れないexclamation

 新しい商品を手掛けても売れないexclamation

 スタッフが楽しんで仕事をしていないexclamation

 自分がお客さんなら自分の店では買わないと思うexclamation

 

こんな経営者の悩みを解決し、現場の行動に落とし込むまでの
戦略、手法を身につけることができます。
『小さな巨人SS』になれる経営者プログラム 

chisana01.jpg

     ひらめき油外収益890万円/月(中国)

     ひらめき車検台数107台/月(北陸)

     ひらめき洗車収益210万円/月(関東)

     ひらめき車販売台数18台/月(関東)

     ひらめきタイヤ販売本数3000本/年(東海)

大手特約店のハイボリュームSSの実績ではありません。
どれも1SS〜数SSを運営している地場特約店の
100KL前後の販売量のSSの実績です。

 

高収益をあげている『小さな巨人SS』は全国にありますが、
特殊な事例として結論付けてはいないでしょか?

 

小規模ながらも高収益をあげている『小さな巨人SS』は、
結果として小が大に勝つ為のメソッドを踏襲した経営をされて
いるケースがほとんどなのです。

 

chisana02.jpg

あなたのSSが『小さな巨人SS』になれるかどうかは
現場のスタッフの能力・力量は一切問題ではありません。
プログラムを実行されるのは経営者さん自らですので、
成功するかどうかは経営者さんの実行力次第です。

『小さな巨人SS』になれるための3つのテーマを
経営者の課題として行っていけば、高収益をあげる
SSをつくることは難しくはありません。

現場との距離が近い経営者だからできる戦略です。
お客さんとの距離が近いからできる戦略です。
個性的でありたいと思うスタッフにあった戦略です。

 

 


『小さな巨人SS』になるための3つのテーマを
簡単に解説させていただきます。

【小さな巨人SS】なる為にその1 

経営者の想いの力

chisana03.jpg 

『小さな巨人SS』に共通する一つが経営者から発せられる言葉。
それは「お客さんに喜んでもらえるように・・・」
そんなSSではスタッフはいつも笑顔です。
『小さな巨人SS』のスタッフは自分を高揚させるプライドを
経営者の想いから受け取り、経営者の想いを行動というカタチ
にして商品にのせてお客様に提供しています。
お客さんからは「●●やってくれる?」という言葉が
絶えずスタッフにかけられています。

スタッフが高揚しお客さんが心打たれる想いを発信しつづける
ことから『小さな巨人SS』のドラマが始まります。

 

【小さな巨人SS】なる為にその2

一番商品づくり

chisana04.jpg

『小さな巨人SS』の油外販売は、ひとつの商品を飛び抜けた
実績までに伸ばすところに集中することから始まっています。
集中して販売したその商品を購入していただいたお客さんが
その他の商品を購入してくれた結果、バランスのとれた油外
粗利構成になっています。
一番商品の販売はイコールそのSSの大切な客づくりの機能
を持つことで収益が一気に拡大する仕掛けとなっています。
一番商品の展開する上で重要となるのが、一番商品づくりで
す。お客さんが笑顔で買って満足できる品質を持たせること
が何より重要です。

 

【小さな巨人SS】なる為にその3

現場の接近戦力

chisana05.jpg

スタッフがお客さんと仲が良い。お客さんから慕われている。
これが3つ目の『小さな巨人SS』の共通項です。
『小さな巨人SS』に行くと、お客さんが車から降りてスタ
ッフと立ち話しているシーンをよく目にします。
お客さんと仲良くなれる行動力を接近戦力と言いますが、
この接近戦力がSSを応援してくれるお客さんをつくり
だします。接近戦力を行動に直すとお客さんの情報収集と
小まめなアプローチです。とても手間のいることですので、
効率を重んじる大手SSではとれない行動です。
「自社のスタッフにそんな行動ができるの?」という心配
もあるかと思いますが、経営者の想いを共有しているスタ
ッフなら接近戦行動をすることを楽しんでやってくれる
はずです。

 

『小さな巨人SS』になれる経営者プログラム 

  対象  経営者
  形式  面談・コーチング・レクチャー
  概要

 @スタッフ、お客様に伝わる経営者の想いをストーリー化

 A一番商品の客数分析、商品力付加、販売方法、作業方法

 B接近戦を行うための基本行動

 Cスタッフへの伝え方、スタッフの考えの引き出し方

 D スタッフの行動を加速化させる経営者の認め力

 所要時間  全2日(延長する場合もあります)