『共感』会話研修

 


共感ロゴ1.jpg



『共感』会話研修のゴール 


車検、車販、コーティング、保険などの高額な油外商品が
 セールストークなしでお客さんの方から「それ買うよ!」と
 言ってもらえるようになります

これまで油外が売れなかった原因が解決します

お客さんとの関係が深まり、楽しく仕事が出来るようになります

お客さんに対する『共感』だけでなく、スタッフ同士が『共感』できる
 ようになりSSの一体感が大幅にアップ出来ます

高額油外商品が売れない悩み 

あなたのSSではこんなことが起きていないですか?

◆セールストークを練習しても売れない
◆セールストークを学んでも販売行動をしない
◆販売することに苦手意識をもっている
◆一生懸命やっているがなかなか売れない
◆買ってくれない!とお客さんを線引きしてしまう
◆自社の商品に自信を持っていない
◆お客さんとの関係づくりが出来ない
◆お客さんを売る相手としか考えていない
◆販売や接客に喜びを感じていない

油外、特に車販、車検、板金といった高額な商品が
売れない背景には『販売行動』に対する間違った
認識があります

商品価値を伝えれば買ってもらえる!
声掛けすればいつかは売れる!

だから
セールストーク訓練をする!
声かけ数を管理する!
でも、売れないですね!
 
お客さんは商品の価値だけで購入を決めているわけではありません

高額な商品だからこそ
『このお店、そしてこの人は大丈夫なの?』
と思うのはごく自然なお客様心理です

このお客様心理を脇において『販売行動』していると
なかなか買ってもらえない! 

お客さんからのマイナスの反応を受け
『販売行動』に対する自信が持てなくなったり
嫌気がさしたりします


油外購入の決め手となるのは?
高額な油外商品の購入の決め手になるのものは
『この人は信頼できる!』をお客さん感じてもらうことです

信頼できる!とは
「この人だったら、(自分のことを)わかってもらえる」
と相手に感じてもらうことです

普段のお客さんとの何気ない会話を
お客さんに『共感』する会話をする
お客さんが自分に『共感』してくれる会話をする

『共感』会話を実践して油外販売の実績を
あげて頂くことがこの研修の一番の狙いです



『共感』する会話を実践結果例
◆車を買う予定が全く無いお客さんに共感会話をしてみると
 その日にリースを受注、契約できた 
◆洗車の精算時に手入れの良さに共感会話をしてみると
 車の買取と新車の購入を依頼された 
◆洗車予約が満員になって共感会話でお断りしてみると、
 翌日の洗車予約とついでに新規の車検を予約してもらえた 
◆雨で工事の仕事が進まない軽トラにお客さんに共感会話をしてみると
 突然、お客さんの方からタイヤ4本購入すると言われた
◆他店のタイヤ見積りが安いと言ってきたお客さんに共感会話
 をしてみると、他店より2割高いタイヤを購入してくれた 
◆コーティングの仕上がり確認で共感会話をしてみると
 ついでにタイヤ4本を購入すると言われた 
◆タイヤ見積りを渡して検討中のお客さんに共感会話をすると
 自分の分とついでに奥さん分まで予約してもらえた
◆新車で傷をつけたお客さんに共感会話をしてみると
 見積りなしで傷直しの注文を頂けた 
◆多年式多走行車の車検見積り前に車の手入れのことで共感会話してみると
 多額見積りを二つ返事で全て任せると言われた
 

受講された方の声

●共感会話をやってみて、今まで自分がどれだけお客さんのことを
 無視して販売していたのかがよくわかりました

●今までも無意識で仲のいいお客さんには共感会話をやって買ってもらえ
 てることを改めて認識できました。関係が浅いお客さんには共感会話の
 代わりに商品説明をやって逃げられていたんですね 

●決まった文言のセールストークでは売れないと思っていました
 必要だったのは共感会話だったことがわかってよかった! 

●買ってください!と言っていない!商品説明もしていない!
 なのにのにお客さん方から買ってくれる!今まで何をしていたんだろう! 

●共感会話していると、油外を買ってもらえなくても、
 これが仕事の充実感なんだなぁ!と気分に浸れる毎日です 

●共感会話をすると新規のお客様でもその瞬間に仲良くなるのが楽しいです 

●会話しろ!とは言われてましたが、会話=苦手という意識をもっていました
 共感会話ならお客さんも喜んでくれ、自分も楽しくなれるので、これからも
 どんどんやれそうです 

●スタッフに共感会話し始めたんですが、今までとやる気度全然違っています
 

『共感』会話研修の内容
●プラス感情、マイナス感情になる脳の仕組み 
●SSマンが販売することが苦手、嫌いになる理由  
●『共感』会話による油外販売事例の会話内容50例以上詳細に解説 
●話を聞くトレーニング 
●会話を広げるポイント 
●『共感』ポイントの見つけ方
●『共感』会話の基本パターン


『共感』会話研修の概要
●対象者  SS所長、スタッフ、SS幹部
●定員   20名迄
●研修時間 4時間
●会場   ご指定の場所
●費用   ご参加人数によって異なりますのでお問い合わせ頂けると幸いです
●フォロー 『共感』会話を定着化させるサポートも別途承っております



お申込み、お問い合わせ先


●ホームページのお問い合わせ欄
 ●携帯電話 090−2626−0741(平田)
●MAIL       khirata@nethome.ne.jp