第2回【スタッフ育成】褒めれない理由

「わざとらしいから!」
これが褒めれない人の一番の理由ではないでしょうか?

何故、「わざとらしい」と感じるのでしょう?

褒めなければいけない時には、目的が存在しています
「こいつを動かさなくてはならない!」という目的です
つまり、相手を操作したい意識が働いています
操作しようとしているわけですから、
「わざとらしく」なるのは致しかないことです。

操作しよう思わなければいいわけです。
自分の為に相手を変えようと思わないことです。

本当にスタッフを動かしたいのでしょうか?
スタッフを動かしたいのではなく、
成長させたいと思っているのなら
褒めるという行動の選択は適切ではありません。

褒めるという行為は、あなた自身の基準を超える
というハードルが存在しています。
そのハードルを越えられる力を
スタッフは持ちあわせているでしょうか?

スタッフの成長の為に必要なことは、
数多く愛情を注ぐことです。
愛情とは、受け留めと認め!
スタッフの現状を受け留めてあげる
1ミリの進化を認めてあげる。

人を成長させることはできません
人は自分で成長するだけです。
人の成長を手助けすることはできます。
自分に矢印を向けれる人だけが
人を成長を手助けできる人です。